借地権の相続

一般の不動産は相続をすることができるのですが、実は借地権についても相続をすることが可能です。相続の対象となるため、もし相続をしたならば相続税を支払わなければいけません。

借地権付建物については複数の人達で相続をすることも可能です。ただし、借地権というのは評価額を計算するのが難しいです。そのため、実際にはトラブルを避けるために借地権付建物を売却してしまい、それを分け合うという形の方が良いでしょう。これによって、均等に相続することができるため、トラブルの発生を未然に防ぐことができるのです。

相続借地権というのはそこに建てられている建物と名義を同じにしなければいけません。もし異なる名義にするならば、借地権の転貸をしたとみなされる可能性があります。相続の際にはきちんと地主に相談をするべきでしょう。借地権は地主とのトラブルが生じることが多いのです。

借地権の相続については、それぞれの意見が食い違うことがよくあります。売りたいという方もいれば、貸したいという方もいれば、使用したいという方もいるのです。それぞれの考えが違うために揉めてしまうことが多いのです。これを避けるためには売却をしてしまう方が良いでしょう。あるいは単独で相続をするという方法もあります。


借地権の法律

借地権の法律には旧法と新法があります。旧法の時代の契約は今でも残っています。かつては堅固な建物は30年以上、非堅固な建物は20年以上の契約期間を定めなければ行けないとされていました。また、契約書に定めがない場合には堅固な建物で60年、非堅固な建物でも30年の契約期間とみなすとされていました。この期間内は基本的に地主の方から明け渡しの請求をすることはできませんでした。これは、戦時中に立法されたものであり、戦争に家主が出ていて、家族を守るためのものだったのです。しかし、これは現代にはまったく合わないとされたために法律が改正されました。

地主旧法では実質的に土地を貸してしまうと半永久的に返ってこない状態となっていました。これを緩和するために生まれたものが新しい借地借家法なのです。こちらでは更新の適用がされない制度ができました。これによって、さまざまな土地利用が可能となったのです。定期借地権というものができたために、地主が土地を取り戻すことも可能となりました。地主に不利益な形の法律が存在していたのが是正されたのです。

借地権には旧法と新法があり、それぞれ異なる内容になっていることを覚えておきましょう。より公平な制度となったのです。


借地権の種類

借地権は5種類あります。まず、借地権です。こちらは新法と旧法に分かれています。平成4年の8月1日以降の契約については新法が適用されています。しかし、今でも旧法による借地権が多いとされています。

定期借地権定期借地権というものがあります。こちらは決まった期間内でのみ土地を貸し出すというものです。期間が終了したならば地主に対して土地を返還しなければいけません。旧法では返還の時期が分からなかったために地主は不満をいだいていました。そこで新法で新しく設けられたものがこの定期借地権なのです。この定期借地権にはさらに3つの種類が存在しています。

まず一般定期借地権というものがあります。こちらは契約期間が満了すると更新はされないというものです。その後には建物を取り壊して更地にしてから地主に返さなければいけないのです。存続期間は50年以上となっています。建物譲渡特約付借地権というものがあります。こちらは30年経過したならば、地主が建物を買い取るというものです。マンションではこのタイプの借地権となっていることが多いです。また、事業用定期借地権というものもあります。こちらは10年以上で50年未満の期間で契約をする定期借地権であり、事業用の目的で利用することを前提とします

〔参照サイト〕http://www.syakuchi-soudan.com/syakuchiken.html
借地権の新法旧法について情報を掲載しているピタットハウスです。


借地権は難しい

建物を建てるためには土地が必要となります。その土地を利用するための方法として、土地を購入するという方法だけではなくて、土地を利用する権利である借地権を得るという方法があります。借地権というのは権利の1つであり、これから家を建てたり、マンションを経営したいという方にはとても重要なものとなっています。

借地権借地権というのは第三者の持っている土地を借りて、そこに建物を建てることができる権利のことです。土地は地主が持っているものですが、そこに建てられた建物というのは借地権を持っている人のものとなるのです。元々、日本にはこのような借地権を持って家を建てるということが一般的でした。戦前の日本ではそれが当たり前のこととされていたのです。戦後になるとどんどん都市部へと人がやってくるようになり、住宅の需要が高まりました。そのため、借地に住んでいる人の保護が進められました。今では法律が改正されており、地主の権利も昔よりは認められるようになっています。今でも借地権のある土地に住まいを建てて生活をしている方はたくさんいるのです。

こちらではそんな借地権について説明しましょう。借地権とはどういうものなのか、もっと詳しい点について解説します。借地権というのは特に都市部で土地を利用したい方にとっては重要なものとなっています。借地権は難しいと考えている方が多いのですが、こちらの説明を参考にすることによって、もっと借地権を理解できるようになるでしょう。