借地権の種類

借地権は5種類あります。まず、借地権です。こちらは新法と旧法に分かれています。平成4年の8月1日以降の契約については新法が適用されています。しかし、今でも旧法による借地権が多いとされています。

定期借地権定期借地権というものがあります。こちらは決まった期間内でのみ土地を貸し出すというものです。期間が終了したならば地主に対して土地を返還しなければいけません。旧法では返還の時期が分からなかったために地主は不満をいだいていました。そこで新法で新しく設けられたものがこの定期借地権なのです。この定期借地権にはさらに3つの種類が存在しています。

まず一般定期借地権というものがあります。こちらは契約期間が満了すると更新はされないというものです。その後には建物を取り壊して更地にしてから地主に返さなければいけないのです。存続期間は50年以上となっています。建物譲渡特約付借地権というものがあります。こちらは30年経過したならば、地主が建物を買い取るというものです。マンションではこのタイプの借地権となっていることが多いです。また、事業用定期借地権というものもあります。こちらは10年以上で50年未満の期間で契約をする定期借地権であり、事業用の目的で利用することを前提とします

〔参照サイト〕http://www.syakuchi-soudan.com/syakuchiken.html
借地権の新法旧法について情報を掲載しているピタットハウスです。