借地権の相続

一般の不動産は相続をすることができるのですが、実は借地権についても相続をすることが可能です。相続の対象となるため、もし相続をしたならば相続税を支払わなければいけません。

借地権付建物については複数の人達で相続をすることも可能です。ただし、借地権というのは評価額を計算するのが難しいです。そのため、実際にはトラブルを避けるために借地権付建物を売却してしまい、それを分け合うという形の方が良いでしょう。これによって、均等に相続することができるため、トラブルの発生を未然に防ぐことができるのです。

相続借地権というのはそこに建てられている建物と名義を同じにしなければいけません。もし異なる名義にするならば、借地権の転貸をしたとみなされる可能性があります。相続の際にはきちんと地主に相談をするべきでしょう。借地権は地主とのトラブルが生じることが多いのです。

借地権の相続については、それぞれの意見が食い違うことがよくあります。売りたいという方もいれば、貸したいという方もいれば、使用したいという方もいるのです。それぞれの考えが違うために揉めてしまうことが多いのです。これを避けるためには売却をしてしまう方が良いでしょう。あるいは単独で相続をするという方法もあります。